遺品整理業者 比較ナビ

遺品整理業者比較ナビ対応地域

東海版

  • 愛知
  • 静岡
  • 岐阜
  • 三重

近畿版

  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山

中国版

  • 広島
  • 岡山
  • 山口
  • 島根
  • 鳥取

四国版

  • 愛媛
  • 香川
  • 徳島
  • 高知

九州版

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島

遺品整理は急に必要になる場合があります

遺品整理とは一言でいっても、様々な状況が考えられます。
例えば、よくある形ですと、家主が亡くなってしまった場合。
また、特殊な例ですと、一人暮らしの孤独死などです。
こちらの場合ですと、ただ遺品を整理するだけではなく、発見が遅かった場合は特に、特殊作業(清掃・消毒)が必要になってきます。
しかも、持ち家でない、借家の場合は特に急がなければなりません。
そのような場合、近くに住んでいない場合は、立会いは出来ないことを業者に伝えましょう。
遺品整理業者もプロですので、そのような場合でも対応してもらえます。

遺品整理業者比較ナビを使うメリット

当比較ナビで一括見積もりをするメリットについてご説明します。
一つは料金がすぐに分かることです。
同じものを依頼した場合でも、料金は業者によって異なります。
料金をすぐに比較できたら楽ですよね。
もう一つのメリットは、サービスを比較できることです。
即日で対応してくれるかどうか、日時の指定が可能かどうか、時間がない場合、または忙しい人はそれらのサービスが重要です。
また、階段しかない家でも大丈夫?荷物の吊り下げが必要?など、環境によって変わってくる場合もあるので、それらに不安がある場合は事前に伝えたほうが良いでしょう。
あとは、解体作業が必要な場合もあります。
解体作業をしてもらえる業者ならば、自分でする手間も省けます。
サービス面においては、モノの種類や回収の期日など、それぞれ都合に合う業者を選ぶことが必要です。
料金が安価だとしても、自身が希望する遺品整理ができないのでは、意味がありません。
一括見積もりサイトがあれば、どこがいくらでどのようなサービスを行っているか、すぐに比較できて非常に便利です。

遺品整理の料金+サービス比較が可能です

当ナビは、遺品整理をお考えの方に、一括見積もりで料金とサービス内容を簡単に比較できるようにと始まったサイトです。
遺品整理業者を探して様々なところのホームページを見ても結局どこに頼んで良いか分からない、そもそもどうやって業者を見つけたらいいか分からない、いう方は是非ご利用ください。
見積もりは価格だけでなくサービス全体をみて業者を決めましょう。
それに付随する業務(礼拝物(お仏壇・神棚など)のご供養や特殊清掃など)も行っております。

遺品整理業者ナビ対応サービス

遺品整理(回収処分・形見分け)|遺品のご供養|礼拝物(お仏壇・神棚など)のご供養・処分|貴重品の探索・仕分け|ハウスクリーニング|特殊清掃(特殊洗浄・特殊消毒)|生前整理・・・etc

遺品整理業者の選び方と4つのポイント

近年、急激に需要が高まり、注目を浴びている「遺品整理業者」ですが、ホームページなどで検索すると、たくさんの遺品整理業者があることが分かります。
今回は、良い遺品整理業者の選び方についてまとめてみました。

(1)料金設定が明確であること

遺品整理業者を選ぶ際に、料金はとても気になるものです。
料金が安い業者は魅力ですが、安さだけを売りにして、肝心な遺品整理を後手にしている業者もいるので注意が必要です。
ホームページなどで、料金を明確に表示している業者を選びましょう。
不用品をどのように捨てて、どれだけの費用が発生するのか、疑問を感じたら、回収業者と話し合ってください。

(2)実績があること

遺品整理は、思っている以上に大変で根気がいる仕事です。
要領よく、丁寧に限られた時間で遺品整理を行うには、それなりの経験と知識が必要になります。
オープンしたばかりで、あまり実績がないような業者よりは、数年以上の営業実績がある業者の方が、任せて安心できますね。

(3)ホームページやブログがあり、内容が充実していること

遺品整理業者のホームページやスタッフブログがあるかないかも、業者選びの重要なポイントになります。
インターネットが大幅に普及した今、ホームページやスタッフブログがあるのは当然ですが、ここで注意しなくてはならないのは、ホームページやブログの中身です。
チェックするポイント
・こまめに更新されているか
・「お仕事承っています」などのお願いではなく、仕事状況や有益情報を流しているか?
・最近、回収の仕事をしているか?その際、個人情報を守っているか。
・言葉遣いなどは丁寧か?ブログは割りと本人の素が出てきます。
ブログをこまめに更新していたり、回収のお仕事を随時行っていると、安心しますよね。
あとは、丁寧な書き方やものの言い方も大切ですね。
文章とはいえ、人間性がとても出るので要チェックしてください。

(4)スタッフの対応がよいこと

電話やメールなどでの問い合わせに対して、スタッフが迅速、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。
説明が分かりやすく、こちらからの質問にもきちんと答えてくれる業者なら信用できますね。
逆に、連絡してもスタッフが不在のときが多く、スタッフの説明が曖昧な業者はおすすめできません。

悪質な業者の見分け方と5つのポイント

遺品整理業者はいくつもありますが、残念ながら中には悪質な業者も存在しています。
悪質な業者にお願いすれば、不法投棄や多額な費用を請求される場合もあります。
悪質な業者と良質な業者をどこを見れば見分けられるかについて、5つのポイントをご説明します。

1.郵便ポストにチラシが入っている住所不明な業者

チラシで呼び込みをしている業者は所在地などが不明の所も多いです。
チラシでは無料、またはなんでも買取りOKと言っておきながら、実際には高い値段を要求してくる業者が多いです。
利用するとしても、事前にホームページを見てきちんとどのような会社か調べておいたほうがよいでしょう。

2.無料回収と言ってくる業者

家電法などで決められていて、無料では回収できないものもあります。
それなのに無料回収と言ってくる業者は、実際に頼むと高いお金を要求される場合があります。
もちろん家電など年式が新しく使用可能なものはリサイクル屋を運営しているようでしたらそこで売れますので無料でいける場合もあります。

3.他社より安いと値段で勝負する業者

「他社より安い」と値段ばかりで勝負してくる業者や、見積もりをもらって「予算オーバー」を伝えた際に、すぐに「じゃあ○円で」とすぐに料金を下げたりする業者は注意対象です。
その際に、「下げるのは可能ですが、運ぶのを手伝ってもらえますか?」などの提案がある場合はわりとキチっとしている業者だと思います。
業者にも「産廃料金+人件費+ガソリン代」など経費はかかりますので、安すぎる場合は注意しましょう。

4.見積もりを出さずに荷物と積もうとする業者

遺品整理業者に頼むと、ほぼ無料で見積もりしてくれます。
しかし、見積もりのつもりで呼んだのに、実際は見積もりも出さずに荷物を積み込もうとする業者も残念ながら存在しています。
そういった業者は、不用品の中からお金になりそうなものから、勝手に積んでいきます。
見積りが出されていないままに頼むと、後で高い金額を指定してくることもありますから、見積りを出さない業者は要注意です。

5.所在地不明の業者

軽トラックなどでまわってくる業者の中には、所在地が不明の業者が多くいます。
たとえば、後で何かのトラブルが起きた時、所在地不明ではどうしようもありません。
必ず業者は所在地を確認しておくようにしてください。

年式や状態によって遺品の買い取りも可能です!

遺品整理は突発的に必要になる場合が多く、負担する方にとっては少しでも出費を抑えたいところでもあります。
しかし、遺品整理はマナーが必要で、ただ処分すればいいというものでもありませんので、業者に頼む方が多いようです。
ただ、遺品とは言っても、まだ使えるものも多くある場合がありますので、リサイクルショップで買い取ってもらう方もいらっしゃいます。
もちろん、遺品整理業者の中でも買い取りをしてくれるところがあります。
自分でリサイクルショップに行く手間も省けますから、買い取ってもらえれば助かりますよね。
買取りの金額で相殺すれば、整理費用も安くなる場合もあります。
それ以外にもお葬式などで費用が嵩みますので、少しでもまかなえればだいぶ助かります。
不用品の中で買い取ってもらえるものは買い取ってもらい、処分するものは処分してもらいましょう。
特に家電は処分するのも大変です。
まだ使えるものだけれども自分では必要ないものであれば、買い取ってもらって、そのお金を他の費用にあててください。

少しでも遺品整理料金を抑えるための工夫

急に家主がなくなった場合など、遺品整理にはさまざまな作業があることから、どうしたらよいか迷います。
時間もお金もなるべくかけることなく整理できるよう、賢く遺品整理を依頼する方法についてお話します。
遺品整理を依頼する前に、まず自分でできるものはないか考えてください。
たとえば、粗大ゴミにならないものであれば、普通ごみとして出すことができますので、お住まいの市町村で粗大ゴミとして処分してもらえるものならば、指定された日に出すと引き取りにきてくれます。
(料金は各役所のホームページに記載されています。)
遺品整理業者に依頼するものは、自身では処理しきれなかったもの(役所が回収できない、重くて外に運び出せないなど)と買い取ってもらえそうなものに絞りましょう。 買い取ってもらえるものがあれば、全体としての回収処分の費用を下げることができます。
よくわからないままに、すべてを遺品整理業者に頼めば、思った以上にお金がかかります。
少しでもお金を節約するために、できるものは自分で整理し、売れそうなものは売るようにするのが賢い方法です。

遺品整理料金はどのように決まる?

遺品整理業者が料金をどのような基準で設定しているのか、遺品整理料金の仕組みについてお伝えします。
すべての業者に当てはまるわけではありませんので、詳しくは各業者のホームページなどでご確認ください。
・基本料金 3,240~5,400円 ※無料のところもあり
・回収料金 回収物によって単価の設定があり
・買い取り 年式や使用可能かによって設定あり
・一軒片付け 平米(㎡)や間取り、戸建ての場合階数で設定あり
・付随作業 遺品の形見分け、お仏壇・神棚などのご供養、貴重品の探索、仕分けハウスクリーニング、特殊清掃(特殊洗浄・特殊消毒) など
・オプション 荷物吊り下げ、マンションでエレベーターなし(階段のみ)、解体作業など
上記のように遺品整理と言っても様々な作業があり、必要な部分や情報を業者に伝えましょう。
主には、間取りなどで金額が決まっているようですが、同じ3LDKでも、100㎡と60㎡とは大きく違ってきますので、そちらは伝えたほうがよいでしょうか。
(ゴミ屋敷のように散らかっている家と、スッキリ片付いている家とでも違ってきます)
安心して遺品整理業者にお願いしたければ、料金の仕組みがはっきりわかる業者を選ぶことをおすすめします。

遺品整理を依頼する際のポイント

こちらを見ている方は、様々な遺品整理業者のホームページを見てきたと思うのですが、見れば見るほどどこがいいのか分からなくなってきたと思います。
ただ、何社かの相見積もりを取ると思うのですが、料金の高い安いだけではなく、サービス全体を比べてください。
料金だけで見るのは浅はかです。
逆に高いところでもなぜそうなるのか聞いてみてください。
すぐに値段を下げるようところは危険ですが、「○○が○○でこのようになります。」と熱心に内訳を話してくれるところは候補にいれたほうが良いと思います。
どの業者もだいたい相見積もりと分かっているので、安くしようと考えますが、それでも自社の信念できちんと伝える業者は逆に安心ではないでしょうか。
もちろん、納得のいく理由があってからこそですが。

ごみ屋敷や遺品整理時の料金について

ごみ屋敷や遺品整理など一軒まるごと系に関しては、面倒でも来てもらったほうが無難です。
ホームページなどで間取り料金を提示しているところがほとんどですので、そちらを参考にしてください。
ただし、下記の場合で料金は大きく変わる場合があります。
※もちろん安くなる場合もあり。
例えば、
・100㎡の3LDK?60㎡の3LDK?
・不用品がごみ屋敷ほどある家?スッキリ片付けられている家?
・玄関から回収車間での距離は近い?車が領地まで入れる?
・マンションなどの場合、エレベーターは使える?
・ハウスクリーニング程度で済む?特殊清掃は必要?
※孤独死や事件などの場合は、特殊清掃(消臭・消毒)が必要な時も。
ですので、電話やメールで伝える場合には面倒でも事細かに伝える必要があります。
現場での見積もりが必要な場合は、そのことを伝え、実際に来てもらってもすぐに決めず検討してください。
※上記にいろいろ書きましたが、悪い業者を擁護しているわけではありません。
もちろん事細かに伝え、料金の詳細を聞いてそれでも納得できない金額を提示された場合は、お断りしてください。
基準値がない業界なので、言い値になってしまいがちなのは確かです。
ただ、業者にも「産廃料金+人件費+ガソリン代」など経費はかかりますので、安すぎる場合は注意しましょう。

遺品整理とはそもそもどういう作業?

葬儀後、遺族は故人が遺していった様々なものを整理、処分することになります。
そして、亡くなった人がこの世に遺していったものを「遺品」といいます。
遺品には、土地や家などの不動産から、車や家具、家電類などの動産まで、実に様々なものがあります。
今回は、この遺品を整理したり処分したりする「遺品整理」についてまとめてみました。

遺品整理の主な対象物は、以下のように分類されます。

  1. 貴重品:預金通帳、カード、現金、実印、宝石類など
  2. 家具類:タンス、テーブル、机、ベッドなど
  3. 家電類:テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、パソコン、ドライヤーなど
  4. 食料品:米や缶詰、冷蔵庫の中の食材や飲み物など
  5. 衣類:洋服や下着、スーツや布団、靴など
  6. 日用品:茶碗やコップ、歯ブラシ、化粧品、筆記用具など
  7. 思い出の品:写真、アルバム、手帳、日記帳、手紙など
  8. その他:土地や家などの不動産、車など

こういった遺品を、ひとつずつ整理し、手元に残すもの処分するものなどに分ける作業が遺品整理です。
故人が、持ち家など自宅ではなく、アパートなど賃貸住宅で生活していた場合は、葬儀が済んだ後に早急に明け渡さなくてはなりません。
このため、遺品整理もすぐ行う必要があります。

遺品整理を業者に依頼するケースが増加している

遺品の整理や処分は、遺族が行うのが一般的ですが、近年は遺品整理を専門の業者に依頼する方が増えています。
その背景には、高齢化社会、少子化社会なども大きく影響しています。
また、遺品の整理や処分には大変な労力と根気を要する作業になるため、遺された遺族には大きな負担になる場合もあります。
遠方に住んでいたり、仕事の都合や健康上の問題など様々な事情で、故人の遺品整理を行うことが困難だったりする場合も少なくありません。
このような場合は、遺品整理を行ってくれる遺品整理業者に依頼するという選択もあります。
業者は遺品整理のプロなので、丁寧に、効率よく遺族に代わって作業を行ってくれます。

  • 家主が亡くなった家の片付け → 遺品整理
  • 回収するものの供養 → 遺品のご供養
  • 不要になってしまった礼拝物 → 礼拝物(お仏壇・神棚など)のご供養・処分
  • 回収して欲しくない貴重品の確保 → 貴重品の探索・仕分け
  • 生存中に家を整理しておきたい → 生前整理
  • 孤独死などで日が経っている → ハウスクリーニング・特殊清掃(特殊洗浄・特殊消毒)
  • 遠方などで立会い不可 → 立会いナシ希望

思った以上に遺品の整理には大変な労力と根気を要する作業になります。
遺された遺族には大きな負担になる場合もあります。
遠方に住んでいたり、仕事の都合や健康上の問題など様々な事情で、故人の遺品整理を行うことが困難だったりする場合も少なくありません。
このような場合、「遺品整理業者」に依頼するという選択肢があり、最近はかなり需要が増えてきています。
遺品整理のプロなので、丁寧に、効率よく遺族に代わって作業を行ってくれます。
ご依頼者が遠方の場合などで立ち会えない場合は、「立会いナシ希望」と伝えましょう。
業者もお部屋の広さや状況、過去の実績よりある程度予測して算出することが出来ますが、より詳細なお見積もりをもらいたい場合は、下記を記載すると良いでしょう。

  • 寸法(縦×横×奥行き)※大体でもOK
  • 買い取ってほしい物(状態や年式)
  • 搬出経路(玄関以外のベランダなどからの搬出が必要な場合)

遺品整理(回収処分・形見分け)|遺品のご供養|礼拝物(お仏壇・神棚など)のご供養・処分|貴重品の探索・仕分け|ハウスクリーニング|特殊清掃(特殊洗浄・特殊消毒)|生前整理|立会いナシ希望・・・etc

新着記事

© 2018 遺品整理業者 比較ナビ